小豆(読み)あずき

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

小豆[豆類]
あずき

近畿地方、京都府の地域ブランド。
京都府中南部の口丹地域と呼ばれる亀岡盆地から船井郡周辺が、古くから高品質の小豆を生み出す産地。京都大納言小豆は、つぶが大きくて色艶が良く、独特の香りがある。切腹することのある武士と違い公家である大納言は切腹をしないため、煮ても皮の切れない小豆が大納言と呼ばれてきた。京菓子になくてはならないもの。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

小豆 (アズキ・ショウズ)

学名:Vigna angularis
植物。マメ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

デジタル大辞泉の解説

あずき〔あづき〕【小豆】

マメ科の一年草。高さ30~50センチ。葉は3枚の小葉からなる複葉。茎・葉に毛がある。夏、黄色い花を開く。種子はふつう暗赤色。古く中国から渡来し、各地で栽培され、種子を餡(あん)などに用いる。しょうず。 秋》

しょう‐ず〔セウヅ〕【小豆】

アズキ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐ず セウヅ【小豆】

[1] 小豆(あずき)のこと。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔礼記‐投壺〕
[2] 香川県の北東部の郡。瀬戸内海の小豆(しょうど)島・豊(て)島およびその付属島からなる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小豆の言及

【商品取引所】より

商品市場【神崎 克郎】
【主要商品取引所】
東京穀物商品取引所1952年10月開所。開所早々,小豆(しようず∥あずき)をめぐる買占め事件などで話題を呼び,小豆は〈赤いダイヤ〉の異名をとるなど,一時商品投機の象徴商品となった。上場品目は小豆のほか,輸入大豆,トウモロコシ,コーヒー,粗糖。…

※「小豆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報