コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御座敷唄 オザシキウタ

デジタル大辞泉の解説

おざしき‐うた【御座敷唄】

料亭に呼ばれた芸者が、三味線、鼓、太鼓伴奏にうたう。多くは民謡だが、お座敷専用につくられたものもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おざしきうた【御座敷唄】

民謡分類上の名称。芸者衆が、お座敷で三味線の伴奏で艶つやっぽく、粋にしっとりと唄う唄。 → 酒盛り唄騒ぎ唄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御座敷唄の関連キーワード博多ねっちょん節キンニョムニョキンキラキンホッチョセ節今治よいやな大島あんこ節ぜんぜのこ節かまやせぬ節宇和島さんさ水戸の二上りポンポコニャ鹿児島三下り寺泊おけさコツコツ節雨の降る夜鹿児島浜節北海荷方節新潟おけさ松前三下り秋田船方節

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android