コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御座敷長唄 オザシキナガウタ

デジタル大辞泉の解説

おざしき‐ながうた【御座敷長唄】

歌舞伎や舞踊の伴奏用ではなく、演奏会用に作られた長唄。文化文政期(1804~1830)に起こった。「吾妻八景(あずまはっけい)」「秋色種(あきのいろくさ)」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

御座敷長唄の関連キーワード歌舞伎

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android