コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御座敷長唄 オザシキナガウタ

デジタル大辞泉の解説

おざしき‐ながうた【御座敷長唄】

歌舞伎や舞踊の伴奏用ではなく、演奏会用に作られた長唄。文化文政期(1804~1830)に起こった。「吾妻八景(あずまはっけい)」「秋色種(あきのいろくさ)」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

御座敷長唄の関連キーワード歌舞伎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android