コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋色種 アキノイロクサ

デジタル大辞泉の解説

あきのいろくさ【秋色種】

長唄。弘化2年(1845)初演。大名の南部利済(なんぶとしなり)が、作曲者を困らせようとして作った歌詞に、10世杵屋六左衛門が曲をつけたものという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

秋色種【あきのいろくさ】

長唄曲名。作詞は南部藩主36代末亡人教子,または39代信候,あるいは両者合作か。10世杵屋六左衛門作曲。1845年江戸麻布の南部侯新築披露宴で初演。どんな歌詞でも作曲ができるという六左衛門を,〈変態繽紛(ひんぷん)たり〉の句で困らせたエピソードが有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あきのいろくさ【秋色種】

長唄の曲名。作詞盛岡侯南部利済,作曲10世杵屋(きねや)六左衛門。1845年(弘化2)12月,江戸麻布不二見坂の南部邸新築祝に初演。新御殿から眺めた秋景色をうたった一種の描写曲で,歌舞伎や舞踊から離れたいわゆる〈お座敷長唄〉の代表曲である。南部侯が六左衛門に長唄はどんな歌詞でも作曲できるかと問うたのに対し,六左衛門が即座に〈御意の通り〉と答えたので侯がこの歌詞を与え,〈変態繽紛(ひんぷん)たり……〉をどんな風に作曲するか期待していたところ,六左衛門はあっさり大薩摩の手(勇ましい浄瑠璃風の節)で逃げ,〈虫の合方〉や〈琴の合方〉で新味を出して,侯の鼻を明かしたという逸話がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋色種
あきのいろくさ

長唄(ながうた)の曲名。通称「色種」。1845年(弘化2)初演。盛岡藩主南部利済(としなり)作詞、10世杵屋(きねや)六左衛門作曲。六左衛門が後援者の南部侯の求めに応じてその力量を示した作品といわれ、作詞は一説には南部侯の夫人ともいう。『吾妻八景(あづまはっけい)』と並ぶ演奏会用長唄の代表曲で、歌詞は秋の野辺の情景と花鳥風月の趣を歌い、ところどころに漢文も使われ、作詞者の教養と、六左衛門を困らせようとしたちゃめっ気が感じられる。調弦は、本調子→二上り→三下り。チンチロリンの松虫の鳴き声を入れた「虫の合方(あいかた)」や、箏(こと)のコロリンシャンの旋律と音色を上(うわ)調子でおもしろく聞かせる「琴の合方」があり、三味線、唄ともに高度な技巧で演奏される。[茂手木潔子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の秋色種の言及

【長唄】より

… 天保期(1830‐44)から幕末にかけても長唄は全盛期であった。歌舞伎や長唄を愛好する大名,旗本,豪商,文人らがその邸宅や料亭に長唄演奏家を招いて鑑賞することが流行し,なかには作詞を試みる者も現れ,作曲者たちの作曲意欲と相まって,《翁千歳三番叟(おきなせんざいさんばそう)》《秋色種(あきのいろくさ)》《鶴亀》《紀州道成寺》《四季の山姥(しきのやまんば)》《土蜘(つちぐも)》など鑑賞用長唄の傑作が生まれた。一方,前代に全盛をきわめた変化物舞踊もようやく行詰りをみせはじめ,さらに幕藩体制の崩壊,長唄愛好者の大名,旗本の高尚趣味の影響もあって,長唄にも復古的な傾向が現れ,謡曲を直接にとり入れた曲が作曲されるようになり,前述の《鶴亀》や《勧進帳》《竹生島》などが生まれた。…

※「秋色種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

秋色種の関連キーワード杵屋六左衛門(10代)御座敷長唄吾妻八景上調子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android