コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻八景 あづまはっけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吾妻八景
あづまはっけい

長唄の曲名。文政 12 (1829) 年開曲。4世杵屋六三郎 (1世六翁) 作曲。本調子,二上り三下りと転調。日本橋を振出しに,江戸の名所風物をうたい上げた上品な曲。「佃の合方」「砧の合方」「楽の合方」があり,上調子も大いに活躍。『秋の色種 (いろくさ) 』とともに純鑑賞用長唄 (お座敷長唄ともいう) の双璧をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

吾妻八景【あづまはっけい】

長唄の曲名。4世杵屋六三郎作曲。作詞者不詳(一説に作曲者自身とも)。1829年初演。日本橋,御殿山,高輪(たかなわ),駿河台,浅草,隅田川,吉原,池の端など,江戸の八景を四季の移り変わりとともにうたった曲。
→関連項目長唄

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あづまはっけい【吾妻八景】

長唄。1829年(文政12)4月,長唄を歌舞伎から独立してきかせる新しいこころみとして作られた。作曲4世杵屋(きねや)六三郎。作詞者不明。当時の江戸の名所を詠み込んでいるが,8ヵ所には限られていない。本調子の前弾きにはじまり,日本橋の朝,御殿山の花見,高輪の舟の行き来をうたった後に〈佃の合方〉がある。二上りになって駿河台から宮戸川,浅草隅田川の風景を述べて〈砧の合方〉となる。三下りになって吉原から上野忍岡の風物をのべ,〈楽の合方〉があって弁財天の尊さをうたって終わる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あずまはっけい【吾妻八景】

長唄の曲名。1829年四世杵屋きねや六三郎作曲。歌舞伎舞踊から独立した純音楽として作られた。江戸の名所風物を唄ったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吾妻八景
あづまはっけい

長唄(ながうた)の曲名。通称「八景」。1829年(文政12)4世杵屋(きねや)六三郎作曲。演奏会用長唄の代表曲で、『秋色種(あきのいろくさ)』と並んで重要な作品。歌詞は、江戸の風物を日本橋、御殿山、駿河(するが)台、浅草寺(せんそうじ)、吉原、上野と次々に詠み込んだにすぎないが、ところどころに合方(あいかた)を入れて、「佃(つくだ)の合方」で川を渡る舟の情景を表したり、「砧(きぬた)の合方」や「楽(がく)の合方」では立(たて)三味線と上(うわ)調子の旋律の絡み合いにくふうを凝らして、「聞く長唄」としての器楽性を意図的に求めて作曲したことがわかる。当初はその新しさゆえ、だいぶ物議をかもしたようである。三味線の調弦は、本調子→二上り→三下り。[茂手木潔子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吾妻八景の言及

【長唄】より

…さらにこの時代には,舞踊の伴奏音楽という制約から離れた鑑賞用長唄(お座敷長唄)が誕生した。これは長唄演奏者の芸術的意欲の高揚から生まれた新傾向の長唄で,このころには《老松(おいまつ)》《吾妻八景(あづまはつけい)》《外記節石橋(げきぶししやつきよう)》などが作曲されている。また,長い間,市川家荒事舞踊の伴奏音楽をつとめていた大薩摩節が衰退し,1826年(文政9)その家元権が4世杵屋三郎助(のちの10代目杵屋六左衛門)に預けられた結果,大薩摩節の旋律を加味した長唄が積極的に作曲されるようになった。…

※「吾妻八景」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吾妻八景の関連キーワード杵屋六三郎(4世)杵屋六三郎(4代)芳村伊三郎(3世)御座敷長唄歌舞伎舞踊化政文化秋色種園乃蝶

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android