御手代(読み)ミテシロ

デジタル大辞泉の解説

みて‐しろ【御手代】

天皇などに代わって御幣(ごへい)を手に持ち、神事を行う者。また、幣(みてぐら)とするもの。
「太襷(ふとだすき)をとりかけ、―にして、もってこの神を祭るは」〈神代紀・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みて‐しろ【御手代】

〘名〙 天皇などに代わって御幣を手に持つ者。代わりに神事を行なう者。また、みてぐらにするもの。
※御巫本日本紀私記(1428)神代下「代御手〈美手之呂止之弖(ミテシロとして)〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android