御手代(読み)ミテシロ

  • ▽御手代

デジタル大辞泉の解説

天皇などに代わって御幣(ごへい)を手に持ち、神事を行う者。また、幣(みてぐら)とするもの。
「太襷(ふとだすき)をとりかけ、―にして、もってこの神を祭るは」〈神代紀・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

天皇にかわって御幣を取り持つこと。 (代御手ノ注ニ)-として/日本紀私記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 天皇などに代わって御幣を手に持つ者。代わりに神事を行なう者。また、みてぐらにするもの。
※御巫本日本紀私記(1428)神代下「代御手〈美手之呂止之弖(ミテシロとして)〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android