神事(読み)しんじ

精選版 日本国語大辞典「神事」の解説

しん‐じ【神事】

〘名〙 (古くは「じんじ」とも)
① 神祇の祭祀に関して行なわれるすべての儀礼。神社において行なわれる祭儀。
※続日本後紀‐承和八年(841)一一月乙卯「天皇御神嘉殿神事
※発心集(1216頃か)七「安房守に成て下りける時任のはじめなれど更に神事(ジンジ)をさきとせず」 〔国語‐魯語下〕
② 神社の祭礼に演じられる能。神事能。
※申楽談儀(1430)勧進の舞台、翁の事「当、京中、御前などにては、式三番ことごとくは無し。今は、神事の外はことごとくなし」
③ (━する) 神聖な存在としてそれにつかえること。
基督と其の事業(1902)〈植村正久〉「既に耶穌を宗とし、之に神事すれば、進んで此の実験を説明し」

かみ‐ごと【神事】

〘名〙
① 神をまつる行事祭事。かんわざ。かんごと。しんじ。神沙汰。
※狂言記・鬮罪人(1730)「めでたい神事に、罪人の、鬼のといことはなりますまい」
② 神のしわざ。神の行なう事柄。かみわざ。かんごと。しんじ。
※雑俳・柳多留‐七(1772)「神事だなどとおやぶん気の若さ」
※玉くしげ(1789)「大国主命は、幽事(カミゴト)を所知(しらす)べしと有りて」

かん‐ごと【神事】

〘名〙 (古くは「かむごと」と表記)
※続日本後紀‐嘉祥二年(849)三月庚辰「本の世の事尋は、歌語に詠み反して神事(かむごと)に用来り」
書紀(720)神代上(兼方本訓)「伊弉諾尊神功(カムコト)(すて)に畢(を)へたまひて霊運当遷(あつし)れたまふ」

かん‐わざ【神事】

〘名〙 (「かむわざ」とも表記) =かみわざ(神事)
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「かの碁手(ごて)ものは今宵かんわざにもあるを」

かむ‐ごと【神事】

かむ‐わざ【神事】

じん‐じ【神事】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「神事」の解説

かみ‐ごと【神事】

神を祭る行事。祭事。祭典。しんじ。
神の仕業。人間にはうかがい知れない神の不思議な考えや行動。かみわざ。しんじ。

かむ‐わざ【事】

《「かんわざ」とも》「かみわざ2」に同じ。
儀式など常の―なれど」〈・葵〉

しん‐じ【神事】

《古くは「じんじ」とも》神を祭る儀礼。祭り。かみごと。
[類語]祭事祭り祭礼祭典祭祀栄典祝典祝儀大祭大儀大礼大典典礼盛儀儀式式典

じん‐じ【神事】

しんじ(神事)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android