コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御番鍛冶 ゴバンカジ

デジタル大辞泉の解説

ごばん‐かじ〔‐かぢ〕【御番鍛冶】

番鍛冶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごばんかじ【御番鍛冶】

鎌倉初期、後鳥羽上皇が、諸国から各月交替に院に召し出して作刀させた刀鍛冶。 → 菊一文字

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御番鍛冶の言及

【日本刀】より

太刀
[鎌倉時代]
 この時期は日本刀の黄金時代で,全国の各地に多数の名工が出て,精気にあふれ気品に富んだ作品を残した。これには源頼朝に始まる武家政治の体制が確立したことが最大の原因となっているが,なおその初期に後鳥羽上皇が山城国の粟田口,備前国,備中国から13人の刀工を御所に召し寄せ月番を定めて作刀させ(これを御番鍛冶という),みずからも焼刃を施すなどいろいろ奨励したこと,また末期近くには元寇があり国民を非常事態の緊張に追い込んだことが大きい力となっている。鎌倉時代は刀剣の発達の上に三つの時期を経過している。…

※「御番鍛冶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御番鍛冶の関連キーワード貞次(初代)後鳥羽上皇粟田口国綱粟田口国家一文字則宗一文字助宗一文字助則菊一文字守次久国貞次行平則宗

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android