刀鍛冶(読み)カタナカジ

  • かたなかじ ‥かぢ
  • かたなかじ〔かぢ〕

百科事典マイペディアの解説

日本刀を鍛える工匠匠,刀工とも。古くから刀鍛冶の存在が知られているが,盛んになったのは武士階級の出現した平安中期からで,伯耆(ほうき),山城,備前の地が栄えた。鎌倉期は武家全盛の影響を受け,山城,大和,備前,備中(びっちゅう)が栄え,特に備前では一文字,長船(おさふね)の両派から多くの名工が生まれた。末期には相州鍛冶が興り,正宗が有名。室町中期に至り,戦闘形式の変化に伴って太刀に代わり打刀(うちがたな)が流行,備前,美濃が最も栄え,備前長船の祐定(すけさだ),美濃の兼定・兼元,伊勢の村正などが知られる。桃山期以後刀工の分布が一変し,京・大坂・江戸の三都をはじめ,仙台,金沢,和歌山,佐賀,鹿児島などの城下町に刀工が集まった。江戸の虎徹,大坂の助広・助直,仙台の国包(くにかね)などが代表的。文化・文政以後,鎌倉・南北朝時代への復古運動が起こり,川部儀八郎正秀が首唱者となって備前伝や相州伝の復古に努めた。→古刀新刀
→関連項目鍛冶屋鍛金

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

刀を鍛える工匠。刀匠,刀工などともいう。鍛冶(鍛冶屋)はもともと鋳物師らをも含む金属加工者を指し,製鉄に従事するものを大鍛冶というのに対し,刀鍛冶を小鍛冶と称している。古くは,この両者は兼業していたものであろう。刀鍛冶は,原料鍛錬から焼入れ,仕上げまでをその業とする。《古事記》《日本書紀》などに日本最初の鍛冶としてあらわれるのが天目一箇神あめのまひとつのかみ),一名天津麻羅(あまつまら)で,鍛冶の祖神といわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刀をつくる専門職人。刀工、刀匠(とうしょう)ともいう。13世紀の鎌倉期にはその需要に応じて一般の鍛冶から分化していた。原料の砂鉄の産地に制約されてはいたが、奈良、京都、鎌倉をはじめ関(岐阜県)、福岡、吉岡、長船(おさふね)(いずれも岡山県)といった生産地ができて、刀鍛冶の拠点となった。そこでは集団生産が行われていた。15世紀の室町期には、さらに新しい生産地も生まれ、数打ちといった大量生産も始まったので、品質は落ちてきた。

 17世紀の江戸期からは、武士層の居住地としての城下町で個別に生産するようになり、かつての集団生産ではなくなってきた。しかし、伝統技術を守る一方に、砂鉄にかわる新しい鉄材の使用によって新しい折り返しという鍛錬(たんれん)法をとるようになった。原料の鉄材も砂鉄から精錬しなくても、精錬された玉鋼(たまはがね)とか輸入の南蛮(なんばん)鉄などを利用するようになっていた。道具は、一般の鍛冶と同様で、金槌(かなづち)と金床(かなとこ)(金敷)と金箸(かねばし)(やっとこ)とふいごであった。ことにふいごは効率的なポンプ仕掛けの箱ふいごが用いられてきた。武器である刀の需要はそれぞれの時代の社会・政治情勢によって高低がみられ、したがって刀鍛冶にも盛衰があった。また、名工と伝えられる刀鍛冶も多くあったが、伝記の明らかなものは少ない。13世紀後半、京都の粟田口吉光(あわたぐちよしみつ)、鎌倉の岡崎正宗(まさむね)は優れた刀鍛冶として知られている。17世紀前半には京都の埋忠明寿(うめただみょうじゅ)が新しい技法をくふうして新刀の祖とされ、19世紀前半には、江戸の水心子正秀(すいしんしまさひで)が古い技術の復興に努力して新時代をつくった。しかし、今日では刀の実用的な役割は少なくなり、限られた存在となりつつある。

[遠藤元男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 鉄を打って鍛え刀を作る職人。神代の天目一箇(あめのまひとつ)神を祖とし、天真浦(あめのまうら)、八十手(やそで)等を最古の刀工とし、のちその派を伝える刀匠の数二万余に及ぶといわれた。
※雍州府志(1684)六「鉄〈略〉刀鍛冶以鉄、乗熱以鉄槌打成、鍛錬及数度而作大小刀、是謂打物

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

刀剣の製作者
古代は鍛冶部 (かぬちべ) とし,平安時代以後は武家・寺院隷属して発達。特に鎌倉時代は盛んで,粟田口吉光 (あわたぐちよしみつ) ・長船長光 (おさふねながみつ) ・岡崎正宗らの名工が続出し,武家・寺院の属から独立した。室町時代には多量の刀剣が明などに輸出された。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の刀鍛冶の言及

【鍛冶屋】より

…武器として最もたいせつなものはいうまでもなく刀剣である。この時期から刀剣の鍛造技術が急速に発達し,やがて〈五箇伝〉といわれる,大和・山城・備前・美濃・相模といった,刀鍛冶の集中地,すぐれた刀剣の生産地を生ずるようにもなる。次いで戦国時代になると,鉄砲が作られるようになり,刀鍛冶に対して鉄砲鍛冶という専門職も生ずるようになった。…

※「刀鍛冶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刀鍛冶の関連情報