コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御間城姫 みまきひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御間城姫 みまきひめ

記・紀にみえる崇神(すじん)天皇の皇后。
大彦命(おおびこのみこと)の娘。「日本書紀」によれば,崇神天皇元年皇后にたてられた。それ以前に垂仁(すいにん)天皇,彦五十狭茅(ひこいさちの)命,国方姫(くにかたひめの)命,千千衝倭姫(ちちつくやまとひめの)命,倭彦(やまとひこの)命,五十日鶴彦(いかつるひこの)命を生んだという。「古事記」では御真津比売命(みまつひめのみこと)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

御間城姫の関連キーワード五十日鶴彦命垂仁天皇大彦命

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android