コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御間城姫 みまきひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御間城姫 みまきひめ

記・紀にみえる崇神(すじん)天皇の皇后。
大彦命(おおびこのみこと)の娘。「日本書紀」によれば,崇神天皇元年皇后にたてられた。それ以前に垂仁(すいにん)天皇,彦五十狭茅(ひこいさちの)命,国方姫(くにかたひめの)命,千千衝倭姫(ちちつくやまとひめの)命,倭彦(やまとひこの)命,五十日鶴彦(いかつるひこの)命を生んだという。「古事記」では御真津比売命(みまつひめのみこと)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例