コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大彦命 おおひこのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大彦命 おおびこのみこと

記・紀にみえる孝元天皇の第1皇子。
母は欝色謎命(うつしこめのみこと)。開化天皇の兄。崇神(すじん)天皇10年四道将軍のひとりとして北陸にむかう。途中で武埴安彦(たけはにやすひこの)命の謀反を知り,平定したという。阿倍臣(おみ),膳(かしわでの)臣,阿閉(あえの)臣ら7氏族の始祖とされる。大毘古命ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおひこのみこと【大彦命】

崇神天皇の世に四道将軍の一人として派遣されたという伝承上の人物。孝元天皇の長子で,開化天皇の同母兄にあたるとされ,母は穂積臣の遠祖,鬱色男命(うつしこおのみこと)の妹,鬱色謎命(うつしこめのみこと)という。《日本書紀》では阿倍臣,膳臣,阿閉臣,狭狭城山君,筑紫国造越国造,伊賀臣の七族の始祖とあり,崇神天皇10年9月,四道将軍の一人として北陸に赴く途中,武埴安彦の謀反を知り,和珥(わに)の遠祖,彦国葺と山背でこれを討った後,北陸に出発したという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおびこのみこと【大彦命】

孝元天皇の第一皇子。四道将軍の一人。日本書紀によれば命により北陸を鎮撫ちんぶしたという。阿倍氏・布勢氏などの祖先とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大彦命の言及

【敢国神社】より

…敢国津神(あえのくにつかみ)を主神とし,少彦名命,金山毘売命を配祀する。敢国津神は,崇神天皇のときに派遣されたと伝えられる四道将軍の一人で,阿閇臣(あへのおみ),伊賀臣らの祖大彦命のことといい,神社の北約1kmに大彦命の墓と伝承される前方後円墳があり,伊賀国阿閇郡の開拓神であろう。873年(貞観15)正五位下に叙され,延喜の制で国幣の大社,のち伊賀国の一宮とされる。…

【稲荷山古墳】より

…ワカタケル大王を大泊瀬幼武天皇(《宋書》倭国伝にみえる倭王武で,雄略天皇),シキ宮を大和の磯城に当て,辛亥年をその治世の471年に比定する説が有力である。またヲワケについては,この礫槨の被葬者をヲワケとし,〈杖刀人の首〉は律令制の兵衛(ひようえ)などに連なるものとみて,ヲワケを東国国造の系譜に属する者と考える説と,上祖オホヒコを記紀に阿倍臣や膳臣(かしわでのおみ)の始祖としてみえる孝元天皇の皇子大彦命とし,あるいは〈杖刀人〉は阿倍臣に従属する丈部(はせつかべ)であるとみて,ヲワケを中央豪族の一員と考える説に大きく見解が分かれている。古代刀剣銘としては吉祥句を含まず,7世紀の造像記などに類例の多い〈何年何月記〉の書式で始まるのが特徴的であり,さらに文中にヒコ(彦)―スクネ(宿禰)―ワケ(別),あるいは〈臣(おみ)〉を含むなど,江田船山古墳出土の銀象嵌大刀銘とともに,日本で書かれた最古の金石文として,日本古代史の重要史料である。…

※「大彦命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大彦命の関連キーワード姓名/日本のおもな姓氏武渟川別命御墓山古墳沙沙貴神社磐鹿六鴈命阿倍・安倍新潟(県)古四王神社磐鹿六鴈敢国神社御間城姫佐々木氏北陸の道敢國神社大津神社安倍氏今代司阿倍氏蝦夷膳部

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android