微量てんびん(読み)びりょうてんびん(英語表記)microbalance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「微量てんびん」の解説

微量てんびん
びりょうてんびん
microbalance

化学微量分析に用いるてんびん秤量 10~30g以下で,1目盛り 10-5g の感量をもち,10-6g に感応する。 H.クールマンが作ったクールマン微量てんびんや,目盛りを直読式にし定感量式にしたメトラー微量てんびんなどもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版「微量てんびん」の解説

微量てんびん
ビリョウテンビン
microbalance, microchemical balance

[別用語参照]てんびん

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android