コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳寿宮金銅半跏思惟像 とくじゅきゅうこんどうはんかしゆいぞうTǒksu-kung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳寿宮金銅半跏思惟像
とくじゅきゅうこんどうはんかしゆいぞう
Tǒksu-kung

韓国,ソウルの国立中央博物館収蔵の弥勒仏名品。もと李王家の蔵品であったためこの名がある。上半身裸形で,頭に簡素な花弁形の宝冠を着け,榻座 (こしきざ) に腰掛けて右手の人差指を頬に当てた思惟形の菩薩像。京都,広隆寺の『弥勒菩薩半跏思惟像』と非常によく似ていることで有名。三国時代7世紀前半の作品。像高 90cm。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

徳寿宮金銅半跏思惟像の関連キーワード韓国国立中央博物館

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android