コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳寿宮金銅半跏思惟像 とくじゅきゅうこんどうはんかしゆいぞう Tǒksu-kung

1件 の用語解説(徳寿宮金銅半跏思惟像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳寿宮金銅半跏思惟像
とくじゅきゅうこんどうはんかしゆいぞう
Tǒksu-kung

韓国,ソウルの国立中央博物館収蔵の弥勒仏の名品。もと李王家の蔵品であったためこの名がある。上半身は裸形で,頭に簡素な花弁形の宝冠を着け,榻座 (こしきざ) に腰掛けて右手の人差指を頬に当てた思惟形の菩薩像。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳寿宮金銅半跏思惟像の関連キーワード国立博物館弥勒仏千葉県立中央博物館 大利根分館千葉県立中央博物館千葉県立中央博物館 大多喜城分館千葉県立中央博物館分館 海の博物館千葉県千葉市中央区青葉町千葉県香取市佐原ハ千葉県勝浦市吉尾ラホール中央博物館

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone