心の草(読み)こころのくさ

精選版 日本国語大辞典の解説

こころ【心】 の 草(くさ)

心の中に生じる種々の物思いを草にたとえていう。
※夫木(1310頃)二八「物思ふ恋路や冬のほかならんこころの草は霜がれもなし〈源師賢〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる