コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源師賢 みなもとの もろかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源師賢 みなもとの-もろかた

1035-1081 平安時代中期-後期の官吏,歌人。
長元8年生まれ。源資通(すけみち)の次男。母は源頼光(よりみつ)の娘。正四位下,左中弁兼蔵人頭(くろうどのとう)。管弦を家業とした宇多源氏のひとりで,和琴(わごん)の名手。作歌は「後拾遺和歌集」以下の勅撰集にはいる。永保元年7月2日死去。47歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源師賢の関連キーワード寛助

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android