コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心太式 トコロテンシキ

デジタル大辞泉の解説

ところてん‐しき【心太式】

ところてん突きで突き出されるように押されて自然に先へ進むこと。また、そういう方式。「心太式大学に進む」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ところてんしき【心太式】

ところてんを突き出すように、あとから押されて進むこと。何の苦労もしないで、押されるままに進んだり、物事を終えたりすること。 「 -に大学を卒業する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

心太式の関連キーワードところてん

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android