心太突き(読み)トコロテンツキ

デジタル大辞泉の解説

ところてん‐つき【心太突き】

ところてんを細く突き出すための用具。長方形の箱型の筒で、一端に格子の網目があり、もう一端からところてんを入れてで突く。てんつき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ところてんつき【心太突き】

ところてんを入れ、棒で突いて、細く麺のようにして出す道具。一端に格子形の網目のある箱筒と、突き出す棒とからなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ところてんつき【心太突き】

先端に金網が張ってある箱形の木製の筒。ところてんを入れて、方形の板をつけた突き棒で突くと、細長く切れて出てくる。裏ごしした豆腐や豆乳を寒天で固め、ところてん状のように細長くして供する滝川豆腐を作るときにも使う。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android