コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心太 ココロブト

デジタル大辞泉の解説

こころ‐ぶと【心太】

[名]
テングサの別名。
ダイコンの別名。
ところてん。
「盂蘭盆(うらぼん)の夜もすがら、―売ること然(しか)り」〈七十一番職人歌合〉
[形動ナリ]心がしっかりして動じないさま。大胆であるさま。
「大蔵もとより―なれば」〈読・春雨・樊噲上〉

ところ‐てん【心太/瓊脂】

海藻のテングサを煮て寒天質をこし、型に流し込んで冷やし固めた食品。ところてん突きで突き出してひも状にし、酢醤油二杯酢などをかけて食べる。夏の味覚とされる。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ところてん【心太】

テングサ,イギス,オゴノリなどを煮て寒天質を溶出させ,それを凝固させた食品。古くはテングサなどをさして〈こころぶと〉と呼び,と書いた。平安京の東西の市には〈心太〉があったが,この店のほかに〈海藻〉〈海菜〉もあったことからすると,この心太店はあるいはテングサ屋ではなくて,現在同様に加工されたところてんを売っていたのかもしれない。《七十一番職人歌合》には女のところてん売が登場し,ところてん突きで突き出している姿が描かれているが,彼女の詠んだ歌には〈こころぶと〉を〈こころてい〉とあり,この〈こころてい〉が変じて〈ところてん〉になったと,荻生徂徠はいっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こころぶと【心太】

植物のテングサ。 〔和名抄〕
ところてん。 「 -のやうなる物生じたりければ/沙石 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の心太の言及

【寒天】より

…テングサなどの熱水抽出液の凝固物であるところてん(心太)を凍結乾燥した海藻加工品。ところてんはすでに奈良時代に食用にされていたが,江戸時代に至り,偶然戸外に捨てたところてんが寒気で凍り乾燥したことが契機となり製造されるようになったため,寒天と名付けられた。…

※「心太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

心太の関連キーワード恋するフォーチュンクッキー美濃屋太郎左衛門松前屋五郎兵衛大久保彦左衛門手続き・手続大友 柳太朗萬屋 錦之介倉田みゆき萬屋錦之介山口馬木也榎本 健一浜菜みやこ才木清英須藤公一牧野省三星 十郎一心太助ドンビン沢島正継大竹竜二

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心太の関連情報