コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心太 ココロブト

5件 の用語解説(心太の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こころ‐ぶと【心太】

[名]
テングサの別名。
ダイコンの別名。
ところてん。
「盂蘭盆(うらぼん)の夜もすがら、―売ること然(しか)り」〈七十一番職人歌合〉
[形動ナリ]心がしっかりして動じないさま。大胆であるさま。
「大蔵もとより―なれば」〈読・春雨・樊噲上〉

ところ‐てん【心太/瓊脂】

海藻のテングサを煮て寒天質をこし、型に流し込んで冷やし固めた食品。ところてん突き突き出してひも状にし、酢醤油二杯酢などをかけて食べる。夏の味覚とされる。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ところてん【心太】

天草(てんぐさ)という海藻を煮溶かし、煮汁をこして型に流し入れ、冷やし固めた食品。ところてん突きで細く麺状に突き出し、からしや青のりを添えて酢じょうゆで食べるのが一般的。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ところてん【心太】

テングサ,イギスオゴノリなどを煮て寒天質を溶出させ,それを凝固させた食品。古くはテングサなどをさして〈こころぶと〉と呼び,心太と書いた。平安京の東西の市には〈心太〉があったが,この店のほかに〈海藻〉〈海菜〉もあったことからすると,この心太店はあるいはテングサ屋ではなくて,現在同様に加工されたところてんを売っていたのかもしれない。《七十一番職人歌合》には女のところてん売が登場し,ところてん突きで突き出している姿が描かれているが,彼女の詠んだ歌には〈こころぶと〉を〈こころてい〉とあり,この〈こころてい〉が変じて〈ところてん〉になったと,荻生徂徠はいっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こころぶと【心太】

植物のテングサ。 〔和名抄〕
ところてん。 「 -のやうなる物生じたりければ/沙石 5

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の心太の言及

【寒天】より

…テングサなどの熱水抽出液の凝固物であるところてん(心太)を凍結乾燥した海藻加工品。ところてんはすでに奈良時代に食用にされていたが,江戸時代に至り,偶然戸外に捨てたところてんが寒気で凍り乾燥したことが契機となり製造されるようになったため,寒天と名付けられた。…

※「心太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

心太の関連キーワードところてん恵胡海苔寒天紙紅藻植物於胡海苔樺海苔アミクサオオオゴノリ工業用寒天テングサ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心太の関連情報