心理=物理的場(読み)しんり=ぶつりてきば(英語表記)psychophysical field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心理=物理的場
しんり=ぶつりてきば
psychophysical field

ゲシュタルト心理学派,特に W.ケーラーによって導入された構想。現象的場に同型的に対応する脳神経系の生理的場を意味するが,これらの場はともにゲシュタルト原理のもとに成立し,両者の間に同型的な構造的類似性の存在が仮定されている。このような場は知覚現象のみならず,記憶事象においても想定された。単なる心身並行論とは異なるが,物理主義という批判をこうむっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android