心臓・血管外傷

  • 心臓・血管外傷(循環器系の疾患)

内科学 第10版の解説

 外傷によって発生する心臓・大血管損傷は,心臓や血管単独の損傷からほかの臓器に損傷を伴うものまで病態は多彩である.外傷により心臓のいずれの部分(心膜,心筋,心房・心室中隔,弁膜・乳頭筋・腱索,刺激伝導系,冠血管)も影響を受ける.暴力,スポーツ外傷,労働災害や自動車事故などにより損傷を受けるが,自動車事故死のおよそ25%が胸部外傷によるとされる(Wallら,2012).また,一方,心臓カーテル検査,ペースメーカ用カテーテル電極や心マッサージなどによる医原性心臓・血管外傷もまれでない.[岸田 浩]
■文献
Awtry EH, Colucci WS, et al: Tumors and trauma of the Heart. In: Harrison’s Principles of Internal Medicine, 18th ed(Fauci AS, Braunwald E, ed), pp1981-1982, McGraw-Hill, New York, 2012.
Maron BJ, Gohman TE, et al: Clinical profile and spectrum of commotio cordis. JAMA, 287: 1142-1146. 2002.
Wall MJ, Jr, Tsai PI, et al: Traumatic Heart Disease. In: Braunwald’s Heart Disease: A Textbook of Cardiovascular Medicine, 9th ed(Bonow RO, Mann DL, et al ed),pp1672-1677, Saunders, Philadelphia, 2012.
山口大介,田中行夫,他:外傷性心疾患.循環器病学―基礎と臨床,初版(川名正敏,北風政史,他編),pp1314-1322,西村書店,東京,2010.

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android