損傷(読み)そんしょう

精選版 日本国語大辞典「損傷」の解説

そん‐しょう ‥シャウ【損傷】

〘名〙
① そこなわれたり、つけられたりすること。また、そこなったり、傷つけたりすること。
※続日本紀‐大宝元年(701)八月甲寅「大風潮漲、田園損傷」
※水の葬列(1967)〈吉村昭〉一「損傷を受けたアメリカの爆撃機編隊の一機が」 〔後漢書‐陳蕃伝〕
② 特に、人身をそこなうこと。体をいためること。
※医語類聚(1872)〈奥山虎章〉「Contrecoup 打撲部ヨリ遠部ノ損傷」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「損傷」の解説

そん‐しょう〔‐シヤウ〕【損傷】

[名](スル)人や物などが損なわれ傷つくこと。また、損ない傷つけること。「損傷を受ける」「車体を損傷する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android