コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胸部外傷 きょうぶがいしょう Chest Injury

1件 の用語解説(胸部外傷の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きょうぶがいしょう【胸部外傷 Chest Injury】

◎けがの危険域がある
 胸を刃物で刺されたり、銃で撃たれたりすると、傷口が開いていて(開放性外傷(かいほうせいがいしょう))、傷口の狭い(鋭的外傷(えいてきがいしょう))けがになります(穿通性外傷(せんつうせいがいしょう))。
 胸部を強く打ったり、圧迫されたりすると、傷口の開いていない(非開放性外傷(ひかいほうせいがいしょう))、幅の広い(鈍的外傷(どんてきがいしょう))けがになります(非穿通性外傷(ひせんつうせいがいしょう))。
 胸には危険域と呼ばれる部位があって(図「胸部外傷の危険域」)、ここにけがをすると重傷になりがちです。
 とくに、息苦しい、呼吸のしかたがおかしい、息を吸ったときの胸の上がり方が右と左でちがうといったときは重傷です。救急車を依頼するなどして、一刻も早くけが人を救急病院へ運ぶことが必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

胸部外傷の関連キーワード腕を引く気違いに刃物胸を張る突刺さる胸を冷やす免責危険直接損害担保危険兵庫県西宮市の建築士夫妻刺殺事件削蹄 (hoof cutting)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone