コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍び垣 シノビガキ

2件 の用語解説(忍び垣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しのび‐がき【忍び垣】

垣の一種。高さ2メートルほどで上・中・下段に分かれ、上段を建仁寺垣、中段を葭(よし)作りとして透かし窓などを設け、下段は大竹の二つ割りを斜めに組み合わせたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しのびがき【忍び垣】

袖垣の一。高さ2メートルほどで三段に分かれ、上段は建仁寺垣のように竹または木を編み合わせ、中段は葭よしを用いて櫛形のすかしやのぞき穴などを設け、下段は二つ割りの大竹を斜めに組み合わせる。小待こまち垣。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone