中段(読み)チュウダン

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐だん【中段】

なかほどの段。階段などのなかほど。「長い石段の中段あたりで一息つく」
なかほどの段階。いくつかある段階のなかほど。
「着色の工夫は、総て色の変化の―においてなさるべきだ」〈横光機械
剣道や槍術などで、上段下段との中間の構え方。正眼。「中段に構える」
陰暦の暦(こよみ)で、なかの段に書き入れてある十二直(じゅうにちょく)のこと。これを毎日の干支(えと)の下に配当して、その日の吉凶をめた。
書院造りで、上段の間(ま)より一段低く、下段の間より一段高くつくった所。中段の間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうだん【中段】

いくつかの段に分かれているもののまんなかの段。また、中ほどの段。
初めと終わりの中間の段階。
階段の中ごろ。
剣道などで、上段・下段の構えに対し、刀の切っ先を相手の目に向けて構える構え方。正眼。
旧暦の暦の、三段に分かれた中の段に書かれている十二直じゆうにちよくをいう。毎日の干支えとの下に記し、その吉凶を定めた。 → 十二直
〔「中段の間」の略〕 書院造りで、上段の間より一段低く造った間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐だん【中段】

〘名〙
① 上、中、下とわけた等級や物事の区切り目において、中間の段階。なかの段。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 階段や梯子(はしご)などのなかほどの段。段の中央。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「童子をかき居、その身は中段(チウダン)に尻をかけて」
③ 剣道・槍術(そうじゅつ)などで、上段と下段との中間の構え方。剣先を相手の目の位置に向けて構えるもの。正眼の構え。また、相撲の四股(しこ)の型にもいう。
※五輪書(1645頃)水の巻「構のきはまりは中段と心得べし」
④ =じゅうにちょく(十二直)〔運歩色葉(1548)〕
※浮世草子・好色五人女(1686)三「中段に見る暦屋物語」
※秦山集(1728)雑著(古事類苑・居処九)「上段・中段・下段、各高差一尺許

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中段の関連情報