コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中段 チュウダン

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐だん【中段】

なかほどの段。階段などのなかほど。「長い石段の中段あたりで一息つく」
なかほどの段階。いくつかある段階のなかほど。
「着色の工夫は、総て色の変化の―においてなさるべきだ」〈横光機械
剣道や槍術などで、上段下段との中間の構え方。正眼。「中段に構える」
陰暦の暦(こよみ)で、なかの段に書き入れてある十二直(じゅうにちょく)のこと。これを毎日の干支(えと)の下に配当して、その日の吉凶を定めた。
書院造りで、上段の間(ま)より一段低く、下段の間より一段高くつくった所。中段の間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうだん【中段】

いくつかの段に分かれているもののまんなかの段。また、中ほどの段。
初めと終わりの中間の段階。
階段の中ごろ。
剣道などで、上段・下段の構えに対し、刀の切っ先を相手の目に向けて構える構え方。正眼。
旧暦の暦の、三段に分かれた中の段に書かれている十二直じゆうにちよくをいう。毎日の干支えとの下に記し、その吉凶を定めた。 → 十二直
〔「中段の間」の略〕 書院造りで、上段の間より一段低く造った間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中段の関連キーワード正眼・青眼・星眼・清眼・晴眼断魚渓・観音滝県立自然公園ワットプラパーイルアンイーモン(沂蒙)山地横歩取りと新山崎流ロゼッタ・ストーン対馬藩主宗家墓所フラッシュ焙焼ミートローフ野菜収納名人無支保採掘法観音山古墳五色塚古墳ロゼッタ石中段採掘法図書ラベル五行の構え芝山古墳群鉱石漏斗西山古墳

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中段の関連情報