コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怜野集 レイヤシュウ

2件 の用語解説(怜野集の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れいやしゅう〔レイヤシフ〕【怜野集】

江戸後期の歌集。12巻。清原雄風編。文化3年(1806)刊。万葉集および勅撰集などから集めた秀歌約1万5000首を、四季・恋・雑に類題して収録したもの。初学者に広く活用された。類題怜野集。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れいやしゅう【怜野集】

江戸後期の和歌集。一二巻。清原雄風きよはらおかぜ編。1806年成立。初学者のために、風姿のよく整った歌を万葉集および中古の勅撰集などから抄出し類聚るいじゆしたもの。春・夏・秋・冬・恋・雑の六部に部類、題数五千八百余、総歌数一五七〇〇。類題怜野集。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone