コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌集 カシュウ

デジタル大辞泉の解説

か‐しゅう〔‐シフ〕【歌集】

和歌を集めた本。
歌曲歌謡曲などを集めた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かしゅう【歌集】

和歌を集めた本。 「故人の-」
歌謡曲・愛唱歌・民謡などを集めた本。 「青年-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌集
かしゅう

和歌を集め編集したもの。多人数の歌を集めた撰集(せんじゅう)と、個人の家集(いえのしゅう)(私家集)とに二分できる。また撰集は、勅命により編集された勅撰集と、それ以外の私撰集とに区分され、家集にも作者の自撰集と、遺族などによる他撰集との区別がある。勅撰和歌集の始めは『古今和歌集』であり、『万葉集』は現存する最古の私撰集である。また『万葉集』の左注によると、『類聚歌林(るいじゅうかりん)』(山上憶良(やまのうえのおくら)編)、『古集』などの撰集、『柿本朝臣人麻呂(かきのもとのあそみひとまろ)歌集』『笠朝臣金村(かさのあそみかなむら)歌集』などの家集の先駆的なものが、すでに8世紀ごろ編集されていたことがわかる。家集の概念は変化しているが、『赤光(しゃっこう)』(斎藤茂吉)などは自撰家集に該当し、『昭和万葉集』などは私撰集にあたる。[橋本不美男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

歌集の関連キーワード犬飼 志げの宗安小歌集菊池 庫郎津田 治子生くる日に四賀 光子悲しき玩具土を眺めて川のほとり馬鈴薯の花国歌大観泣き笑い野づかさみだれ髪闇の祝祭片われ月一握の砂土屋文明水銀伝説須賀直見

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌集の関連情報