コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思う心 おもうこころ

大辞林 第三版の解説

おもうこころ【思う心】

恋しく思う心。深い愛情。 「家にして結ひてし紐を解きさけず-をたれか知らなむ/万葉集 3950
こうしたいという考え。 「生れし時より-ありし人にて/源氏 桐壺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

思う心の関連キーワード可愛さ余って憎さが百倍親思う心にまさる親心可愛さ余って憎さ百倍二千里の外故人の心狐死して丘に首す子は三界の首枷魚心あれば水心落月屋梁の想い帰心矢の如し子を思う鶴哀れみ深い風雲の情犬馬の心子故の闇思ひ疎む万葉集密か心弥増す思い羽霊合う

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思う心の関連情報