思侘(読み)おぼしわぶ

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐わ・ぶ【思侘】

〘自バ上二〙 (「おもいわぶ(思侘)」の尊敬語) 思いどおりにならなくてお悲しみになる。思い悩まれる。
※延喜御集(967‐1000頃)「かぎりなくときめきたまけるほどにうせ給にければ、かぎりなくおぼしわびて」

おもい‐わ・ぶ おもひ‥【思侘】

〘自バ上二〙 思いどおりにならないで悲しむ。うらさびしく思う。
※万葉(8C後)一五・三七二七「塵泥(ちりひぢ)の数にもあらぬわれ故に於毛比和夫(オモヒワブ)らむ妹が悲しさ」

おもい‐わぶ・る おもひ‥【思侘】

〘自ラ下二〙 (一例しか見られない特殊なもの) =おもいわぶ(思侘)
※万葉(8C後)一五・三七五九「たちかへり泣けどもあれはしるしなみ於毛比和夫礼(オモヒワブレ)て寝(ぬ)る夜しぞ多き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android