一例(読み)いちれい

精選版 日本国語大辞典「一例」の解説

いち‐れい【一例】

[1] 〘名〙
① 一つの。一つのためし。「一例として」
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉一「人情風俗も一般と異なるものありたり。深川区にては平民一万六千七百七十一人に対して、士族は漸く七百九十一人しか居住せざるが如き、一例とすべし」
② 多くのものについて、ある一つの標準をもって定めること。一定の基準によって定めた事柄。〔春秋公羊伝‐僖公元年〕
[2] 〘副〙 一様なさま。きまって。
※星巖先生遺稿‐前編(1863‐65)鴨沂小隠集「董蘿石老従吾好、一例詩人聞道遅」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android