コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塵泥 チリヒジ

デジタル大辞泉の解説

ちり‐ひじ〔‐ひぢ〕【×泥】

ちりと、どろ。
「高き山も麓の―よりなりて」〈古今仮名序
とるにたりないもの。
「かかる聞えあらば、兵衛が身は何の―にかならむ」〈宇津保・藤原の君〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちりひじ【塵泥】

ちりとどろ。ちりあくた。 「高き山もふもとの-よりなりて/古今 仮名序
取るに足りないつまらぬもの。 「 -の数にもあらぬ我故に/万葉集 3727

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

塵泥の関連キーワード思ひ侘ぶ万葉集

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塵泥の関連情報