コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思入れ オモイレ

デジタル大辞泉の解説

おもいれ【思入れ】

《「おもいいれ」の音変化》
[名]
思い入れ1」に同じ。
「三人―してついと這入(はい)る」〈伎・幼稚子敵討〉
考えをめぐらすこと。思案。
「みなみな―を言へば」〈咄・筆のはじめ〉
[副]思う存分。
「―金をつかって」〈黄・艶気樺焼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おもいれ【思入れ】

〔「おもいいれ」の転〕
( 名 )
思いを寄せること。 「ある宗匠-の女郎ありて買つて見た所が/洒落本・柳巷訛言」
おもわく。考え。 「あすこは新造かひでちと-がある/洒落本・売花新駅」
歌舞伎などで、しぐさや表情により心理状態を表すこと。
( 副 )
思う存分に。 「湯でも-飲みなせえ/滑稽本・膝栗毛 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の思入れの言及

【歌舞伎】より

…花道の引込みなど,心理的なアクセントを置く場合にしばしば用いる。 思入れ(おもいいれ)心理状態を示す演技をいう。脚本中に演出指定として〈腹立たしき思入れ〉〈口惜しき思入れ〉などと用いる。…

※「思入れ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

思入れの関連キーワード煽り付ける・呷り付ける独吟ト書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android