コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思い入れ オモイイレ

2件 の用語解説(思い入れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おもい‐いれ〔おもひ‐〕【思い入れ】

[名]
深く思いを寄せること。また、その思い。執心。「著者の思い入れが感じられる作品」
俳優が無言のうちに気持ちを表情やしぐさで表すこと。また、その演技。
思わく。見込み。予想。
「―違ひまして迷惑いたすなり」〈浮・胸算用・四〉
人望。人気。
「人の―もよろしく」〈浮・織留・四〉
[副]思いきり。
「―ひどい目に会わして頂戴(ちょうだい)」〈荷風・あぢさゐ〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おもいいれ【思い入れ】

( 名 ) スル
深く心にかけて思うこと。執心。 「前々から強い-のあること」
歌舞伎で、言葉によらずにしぐさや表情・感情で心理を表現すること。また、その演技。
の意から〕 芝居がかった動作や表情。 「 -たっぷりの動作」
見込み。もくろみ。 「 -にて売る人あり買ふ人あり/浮世草子・永代蔵 1
信用。信望。人気。 「人の-もよろしく/浮世草子・織留 4
考え。思案。 「 -を胸に持つて罷りしさる/浮世草子・禁短気」
( 副 )
思う存分。徹底的に。おもいれ。 「親父が-負けてせんかたなく娘を売る/洒落本・蕩子筌枉解」 「鼻の穴を大きくして、-凌霄花のうぜんかづらのにほひを吸いながら/偸盗 竜之介

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

思い入れの関連キーワード思いを馳せる思いを寄せる寄書心を寄せる執心八の字を寄せる身を寄せる横恋慕思いを掛ける心が引かれる

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

思い入れの関連情報