コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思案 シアン

デジタル大辞泉の解説

し‐あん【思案】

[名](スル)
あれこれと考えめぐらすこと。また、その考え。「思案が浮かぶ」「どうしたものかと思案する」
心配。物思い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

思案の関連キーワード凝っては思案に能わず長崎県長崎市本石灰町胸に手を置く投げ首・投首色は思案の外中井 あきら思い巡らすおろおろ涙工夫に落つ頭を抱える思案に余る思案橋事件高津仲三郎暗れ惑ふ喉元思案思い余る打ち打擲首を捻る鼻先分別鼻元思案

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思案の関連情報