コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸生艶気樺焼 えどうまれうわきのかばやき

6件 の用語解説(江戸生艶気樺焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸生艶気樺焼
えどうまれうわきのかばやき

黄表紙山東京伝作,画。3巻。天明5 (1785) 年刊。百万両分限と呼ばれる仇気 (あだき) 屋の一人息子艶二郎は,醜男でありながらうぬぼれが強く,悪友の道楽息子北里喜之介太鼓医者輪留井志庵 (わるいしあん) を誘って,金にあかせて色男の評判を立てようと画策する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えどうまれうわきのかばやき〔えどうまれうはキのかばやき〕【江戸生艶気樺焼】

黄表紙。3冊。山東京伝作・画。天明5年(1785)刊。醜男(ぶおとこ)のくせにうぬぼれの強い仇気屋艶二郎(あだきやえんじろう)が、色男の評判をとろうとして次々に失敗する滑稽(こっけい)を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

江戸生艶気樺焼【えどうまれうわきのかばやき】

江戸時代の黄表紙。3冊。山東京伝北尾政演(まさのぶ))作・画。1785年刊。醜男の富豪の息子艶次郎(えんじろう)が,うぬぼれから浮名を立てようとして失敗を重ねるという滑稽(こっけい)な作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えどうまれうわきのかばやき【江戸生艶気樺焼】

黄表紙。山東京伝(北尾政演(まさのぶ))画作。3冊。1785年(天明5)刊。百万長者仇気屋(あだきや)のひとり息子艶二郎(えんじろう)は醜いくせにうぬぼれが強く,悪友たちにそそのかされ,色事の浮名を世に広めようと,金にまかせていろいろ試みるが,かえってばかの名が立つばかり。ついに吉原の遊女を身受けして情死のまねごとをしようとするが,盗賊に遭い,まる裸にされる。実は父親と番頭とが戒めのために企てた計略で,以後は心を改めるという筋。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えどうまれうわきのかばやき【江戸生艶気樺焼】

黄表紙。三冊。山東京伝作・画。1785年刊。色男気取りの艶二郎が金に飽かせて浮き名を広めようとし、失敗するさまを滑稽に描いたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸生艶気樺焼
えどうまれうわきのかばやき

黄表紙。1785年(天明5)刊。山東京伝(さんとうきょうでん)作、自画。書名は江戸名物のうなぎの蒲焼きのもじり。百万長者仇気屋(あだきや)のひとり息子艶二郎(えんじろう)は、醜男(ぶおとこ)ながらうぬぼれが強く、色男の評判をとりたくて、芸者に50両を与え、艶二郎にほれたと家に駆け込ませ、それを瓦版(かわらばん)で売り込んだり、吉原の遊女とうそ心中を試みるなど、数々の売名行為の愚行を重ねるが、ことごとく失敗に終わる顛末(てんまつ)を描く。当時すでに艶二郎にはモデルが存在すると詮索(せんさく)が加えられるほどの好評を得るが、かならずしも1人のモデルを拉(らっ)しきてつくりあげられたものではなく、享楽的でとかく名声を求める江戸人の一つの典型を艶二郎に形象化したといえる。本書の成功を受けて、人物設定をそのまま踏襲した洒落本(しゃれぼん)に『通言総籬(つうげんそうまがき)』(1787)がある。[棚橋正博]
『水野稔校注『日本古典文学大系59 黄表紙・洒落本集』(1958・岩波書店) ▽浜田義一郎校注『日本古典文学全集46 黄表紙・川柳・狂歌』(1971・小学館) ▽小池正胤他編『江戸の戯作絵本2』(社会思想社・現代教養文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の江戸生艶気樺焼の言及

【艶二郎】より

山東京伝作の黄表紙《江戸生艶気樺焼(えどうまれうわきのかばやき)》の主人公。1785年(天明5)刊。…

【通言総籬】より

…1冊。作者の当り作の黄表紙《江戸生艶気樺焼(えどうまれうわきのかばやき)》(1785)の人物名をそのまま移している。うぬぼれの半可通仇気屋(あだきや)艶次郎が,たいこ医者わる井志庵と,とり巻きの北里(きたり)喜之介宅を訪れ,遊女あがりの女房を交えて種々うわさ話をしたあと,3人は吉原に出かけて松田屋にあがって遊ぶ。…

※「江戸生艶気樺焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江戸生艶気樺焼の関連キーワード山東京伝北尾派北尾政演鍬形蕙斎北尾京伝心学早染草大悲千禄本石山人忠臣水滸伝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone