思惚(読み)おぼしほる

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐ほ・る【思惚】

〘自ラ下二〙 (「おもいほる(思惚)」の尊敬語) ぼんやりなさる。放心なさる。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「式部卿宮も渡り給ひて、いといたくおぼしほれたるさまにてぞ入り給ふ」

おもい‐ほ・く おもひ‥【思惚】

〘自カ下二〙 心がぼんやりする。おもいほる。
※源氏(1001‐14頃)早蕨「げに、むげにおもひほけたるさまながら、物うち言ひたる気色、用意、口惜しからず」

おもい‐ほ・る おもひ‥【思惚】

〘自ラ下二〙 心がぼんやりする。おもいほく。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「おとど心惑(まど)ひて、我か人かにもあらでの給ふ〈略〉とおもひほれてゐ給へり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android