怪我をまくる(読み)けがをまくる

精選版 日本国語大辞典の解説

けが【怪我】 を まくる

けがをする。あやまって負傷する。相手をののしっていう場合などに用いる。
※無門関才応抄(1532頃)「泥中に有棘、腕頭が無ばけがをまくる」
浮世草子・元祿大平記(1702)二「門のけはなしにけつまづき、ころんでけがをまくるなと、こまごまといひをしへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android