コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恍然 コウゼン

デジタル大辞泉の解説

こう‐ぜん〔クワウ‐〕【×恍然】

[ト・タル][文][形動タリ]心を奪われてうっとりするさま。
「吾を忘れて―と机によりかかりし折しも」〈露伴・露団々〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうぜん【恍然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
心を奪われてうっとりとしているさま。 「其の凜とした美しさを平野は-と見て居たが/良人の自白 尚江

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

恍然の関連キーワードトタル