恍惚(読み)コウコツ

デジタル大辞泉の解説

こう‐こつ〔クワウ‐〕【××惚】

[ト・タル][文][形動タリ]
物事に心を奪われてうっとりするさま。「恍惚として聴き入る」「恍惚の境地」
意識がはっきりしないさま。
「将軍はすでに疲れ切っていた…精神も次第に―となるほどだった」〈藤村夜明け前
老人の、病的に頭がぼんやりしているさま。有吉佐和子著「恍の人」(昭和47年)により流行した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうこつ【恍惚】

( トタル ) [文] 形動タリ 
心を奪われてうっとりするさま。 「何事も忘れたやうに-として/或る女 武郎
頭の働きがにぶり意識がはっきりしないさま。特に、老年になって起こる状態をいう。 〔は有吉佐和子の小説「恍惚の人」(1972年)で流行した〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の恍惚の言及

【エクスタシー】より

…意識水準が低下して主体的な意志による行動の自由を失い,忘我状態となるか,苦悶,歓喜,憂愁などの気分を伴う恍惚状態になること。宗教における神秘的体験や,性的恍惚感も含む。…

※「恍惚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恍惚の関連情報