コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウ

デジタル大辞泉の解説

こう〔クワウ〕【×恍】

[ト・タル][文][形動タリ]うっとりとするさま。また、ぼんやりするさま。
「―として夢中夢に入るの感あるのみ」〈福沢福翁百話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こう【恍】

( トタル ) [文] 形動タリ 
うっとりするさま。 「 -として夢み惚として覚め/世路日記 香水
はっきり見分けがたいさま。 「 -たる月日を返すに難きいたづらの身や/ふところ日記 眉山

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

恍の関連キーワードジャン・マリ・ギュスターヴ ル・クレジオエレラ・イ・レイシッグトランス(催眠状態)ズー・アンヌーンランナーズ・ハイプーン・チョロムトム ケーリンディオニュソスオーラフ ブルエクスタシスチャイタニヤ集団パニックエクスタシーふところ日記シャーマン恍く・惚くモンタヌス有吉佐和子浜口庫之助マイナデス

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android