コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪因悪果 アクインアッカ

デジタル大辞泉の解説

あくいん‐あっか〔‐アククワ〕【悪因悪果】

悪い行為が原因となって悪い結果が生じること。⇔善因善果

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あくいんあっか【悪因悪果】

〘仏〙 悪いおこないが原因となって悪い結果の生ずること。 ↔ 善因善果

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の悪因悪果の言及

【因果】より

…特に仏教用語として用いられる場合は,(ごう)思想と結びつき,自己の存在のあり方にかかわる因果性をいう。すなわち〈善因善果・悪因悪果〉という言葉で表現されるように,たとえば,人間あるいは天人として生まれるという善の結果を,あるいは地獄・餓鬼・畜生として生まれるという悪の結果を得るのは,前世の自己の善業あるいは悪業を原因とするという考えである。仏教の説くこのような因果法則は自然科学的因果法則というよりは,むしろわれわれの行為に関するものである。…

※「悪因悪果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

悪因悪果の関連キーワード因果応報三命説輪廻因果悪果

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android