善因善果(読み)ぜんいんぜんか

デジタル大辞泉の解説

ぜんいん‐ぜんか〔‐ゼンクワ〕【善因善果】

仏語。よいことをすればそれがもととなって必ずよい報いがあるということ。⇔悪因悪果

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜんいん‐ぜんか ‥ゼンクヮ【善因善果】

〘名〙 仏語。よい行ないは、として必ずよい果報をもたらすということ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の善因善果の言及

【因果】より

…特に仏教用語として用いられる場合は,(ごう)思想と結びつき,自己の存在のあり方にかかわる因果性をいう。すなわち〈善因善果・悪因悪果〉という言葉で表現されるように,たとえば,人間あるいは天人として生まれるという善の結果を,あるいは地獄・餓鬼・畜生として生まれるという悪の結果を得るのは,前世の自己の善業あるいは悪業を原因とするという考えである。仏教の説くこのような因果法則は自然科学的因果法則というよりは,むしろわれわれの行為に関するものである。…

※「善因善果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android