悪平等(読み)アクビョウドウ

デジタル大辞泉の解説

あく‐びょうどう〔‐ビヤウドウ〕【悪平等】

[名・形動]何もかも一律に平等に扱うこと。形の上だけ平等にして、かえって不公平になっていること。また、そのさま。「頭割りでは悪平等な仕事だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あくびょうどう【悪平等】

個性や特質を無視して、一律に同じ扱いにするため、かえって不公平になること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あく‐びょうどう ‥ビャウドウ【悪平等】

〘名〙 (形動) 何もかも無差別に平等にすること。形の上だけ平等にして、かえって不公平になっていること。
※常識的な、あまりに常識的な(1951)〈中野好夫〉「三つの次男にもアメ棒二本〈略〉なら、四十五の主人も断然二本ってことなんですの。いいえ、悪平等じゃありませんわ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悪平等の関連情報