コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛別きのこ あいべつきのこ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

愛別きのこ[菌類]
あいべつきのこ

北海道地方、北海道の地域ブランド。
上川郡愛別町は、きのこの里として知られる。1972(昭和47)年、2戸の農家がえのき茸の生産施設をつくり、きのこ栽培が始められた。現在は、えのき・しいたけ・なめこ・ひらたけ・舞茸の5種類を栽培。北海道のきのこ生産量の大半を占めている。きのこは低カロリーの食材であり、近年の健康志向の高まりから年々その消費量も増加傾向にある。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android