コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農家 のうかNong-jia; Nung-chia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農家
のうか
Nong-jia; Nung-chia

中国の戦国,秦・漢時代に農業を重視すべきであると主張した学派諸子百家の一つ。農業経済や技術について追究した一派で,許行代表者であるが,先秦時代については不明な点が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

農家

農家の統計上の定義は、1990年以降の農業センサス(農水省が5年に1回行っている全国調査)では、10a以上の経営、または年間の農産物販売金額が15万円以上の世帯。このうち、30a以上または販売金額50万円以上の農家を販売農家、それ以外を自給的農家という。2005年センサスの販売農家数は195万3000戸(一部調査対象外地区を除く)で、00年センサスの233万7000戸から大幅に減少。しかも販売農家の基幹的農業従事者は41%が70歳以上で、農業が持続できるかどうかの瀬戸際にきている。さらに、農業所得と農業労働力による主業農家副業的農家という区分もある。主業農家は、農家所得の半分以上が農業所得で、1年間に60日以上農業に従事する65歳未満の者がいる農家のこと。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

のう‐か【農家】

農業により生計を立てている世帯。また、その家屋。「専業農家
中国、戦国時代における諸子百家の一。農耕につとめ、衣食を充足することを主張した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

農家【のうか】

家として農業を営んでいる世帯。日本では第2次大戦前には〈生業として農業を営むもの〉を指したが,1950年の農林業センサス以降,東日本10a・西日本5a以上の経営か農産物販売額のある世帯をいう。
→関連項目兼業農家専業農家農業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

農業関連用語の解説

農家

平成12年2月1日現在(沖縄県にあっては、平成11年12月1日現在)の経営耕地面積が10a以上の農業を営む世帯又は経営耕地面積が10a未満であっても調査期日前1年間の農産物販売金額が15万円以上あった世帯(例外規定農家)をいいます。

出典 農林水産省農業関連用語について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のうか【農家】

家として農業を営んでいる世帯をいう。日本の統計上の定義は,第2次大戦前は〈生業として農業を営むもの〉といった程度の漠然としたものであったが,1950年の農林業センサスで,はじめてはっきりした規定が与えられた。すなわち,東日本(千葉,埼玉,群馬,富山以東)では1反(10a),西日本(東京・山梨・長野・石川以西)では5畝(5a)以上の耕地を経営する世帯を農家と定めた。ただし,経営耕地面積がそれ以下またはまったくないものでも,ある程度以上の農産物販売額のあった世帯は,農家にふくめられている。

のうか【農家 Nóng jiā】

中国古代の諸子百家に数えられた農政学派。農業神神農を奉じた戦国期の許行(きよこう)や陳相(ちんしよう)は,生産労働を重んじ国民皆農の〈君民並耕〉を説き,農業保護の物価統制策を主張した。孟子は精神・肉体労働の分業を,治者・被治者の関係でとらえ,この耕農優先説を君臣の本分を乱す逆コースと非難した。一方,君権強化の農民保護論も,后稷(こうしよく)を始祖と仰ぐ一派によって首唱され(《呂氏春秋》上農など),統一国家の農政を準備した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

のうか【農家】

農業を営んで生計をたてている世帯。また、その家屋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の農家の言及

【親子契約】より

…農家における経営移譲と親族間扶養に関する父子契約ないし家族協定。日本の農村では,高度成長中期にあたる1960年代の中ごろから,市町村・府県段階の卓抜したリーダーがいて,しかも多くの農家がその指導に呼応する特定の地域で,農家世帯の中に,世代交代を円滑に行い,家族農業経営に新しい活力を付与しようとする動きがみられる。…

【二階】より

…このように二階座敷が普及し始めると,階段もそれまでの急勾配のものからゆるい勾配のものに改められ,町家等では階段の側面に引出しを組みこんだ箱階段も採用された。農家もほとんどは平屋であった。ただし,白川郷の農家のように簣の子(すのこ)を用いて屋根裏に2ないし3段の床を設けるものがあり,江戸時代後期になると群馬県その他の養蚕地帯には,土間の上だけに中二階を設けたり総二階にして,それらを養蚕のために使うものが現れた。…

【農業】より

…それをどう打開し,解決していくかが,先進資本主義国,社会主義国,発展途上国のすべてを含めて,世界的・国際的な課題とされ始めている。食糧問題
【日本の農業】
 日本の農業は,約450万戸の農家が約540万haの耕地を利用して営んでいるが(1980年代初頭),その基本的な特徴は以下のような点にある。第1は物的ないし技術的な特徴であって,(1)狭小な農用地(耕地)を利用して,稲作中心の水田灌漑農業が発達してきたことである。…

【春秋戦国時代】より

…老子や荘子の考えは,道を根本として構成されるので,道家とよぶ。このほか論理学を説く名家,陰陽論を説く陰陽家,上述の蘇秦・張儀のごとく外交術を説く縦横家,農業技術や農民思想を説く農家など多くの流派の思想家が活躍し,互いに影響しあい,中国史上最も自由に思想が説かれた時代であり,これらを諸子百家と総称するが,後世に大きな影響を与えたのは儒家と道家であり,法家は思想として表面にあらわれなかったが,儒家の徳をたてまえとする政治を支える技術としてつねに利用された。 このように多様な思想が自由に展開したのは,人間精神の躍動を示すものであり,これは芸術にもあらわれた。…

【農学】より

…【川田 信一郎】
[中国]
 中国における農学は,戦国時代の前4世紀ころに勃興してくる。当時,諸子百家の中に農家と呼ばれる集団がいて,とりわけ顕著な動きを示していたのは,神農を農業神としてあがめる南方の楚出身の許行一派と,周の始祖后稷(こうしよく)を農業神としてあがめる中原の農家集団とであった。前者は商業利潤を抑制して物価を安定させ,支配者たる者も農業生産に従事すべきであるという〈君民並耕説〉を唱え,為政者から顰蹙(ひんしゆく)を買った。…

※「農家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

農家の関連キーワード県の集落営農ビジョン対策促進事業コメ農家への戸別所得補償制度品目横断的経営安定対策農業生産責任制[中国]販売農家・自給的農家農業サービス事業体農業経営の大規模化専業農家・兼業農家土地持ち非農家第2種兼業農家第1種兼業農家農業経営受委託施設野菜農家主副業別分類県の植木産業農業共済組合農業事業体非農家林家農家人口農家林家

農家の関連情報