コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感恩寺址東西三層石塔 かんおんじしとうざいさんそうせきとうKamǔn-sa-ji tongsǒ samchǔ'ng sǒkt′ap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

感恩寺址東西三層石塔
かんおんじしとうざいさんそうせきとう
Kamǔn-sa-ji tongsǒ samchǔ'ng sǒkt′ap

韓国,慶尚北道月城郡陽北面竜堂里にある統一新羅初期の石塔。感恩寺は文武王が発願し,神文王2 (682) 年に完成した国刹で,創建時は二塔一金堂式の伽藍があったが,やがて寺址の東西に2基の三層石塔が建つ形となった。 1959年の石塔解体修理の際,西塔三層塔身から創建当初のものと推定される青銅製舎利容器一式が発見された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

感恩寺址東西三層石塔の関連キーワード朝鮮石塔

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android