コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石塔 セキトウ

デジタル大辞泉の解説

せき‐とう〔‐タフ〕【石塔】

石造の仏塔。仏舎利を安置するための供養塔。のちには高僧などの墓としてもつくられた。
石の墓標。はかいし。墓碑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せきとう【石塔】

石造りの塔。特に石造りの仏塔。
はかいし。石碑。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の石塔の言及

【追善】より

…その代表的なものが藤原道長建立の宇治木幡の浄妙寺である。これに対し庶民は石の塔を積むことでも作善(さぜん)になるというので河原に出て石塔(しやくとう)を行った。石造の卒塔婆(そとば)(五輪塔,宝篋印塔,板碑など)はこの信仰の中からおこった。…

【板碑】より

…中世の石塔の一種。板石塔婆ともいう。…

【塔】より

…木造塔は多層塔(3,5,7,9,13層)と多宝塔が普通である。石塔は日本では小さなものしかなく,形式としては多層塔,多宝塔,宝塔,宝篋印(ほうきよういん)塔,五輪塔,無縫塔,笠塔婆などがある。鉄塔や銅塔には相輪橖(そうりんとう),宝塔,五輪塔などがある。…

【墳墓】より

…岡山県にみられる入母屋(いりもや)屋根形の蓋をもつ小型陶棺なども,火葬骨用の蔵骨器であろう。 平安時代になると,王侯貴族は墓に多宝塔などの木造供養塔を建てたり,あるいは中尊寺金色堂などのように方形堂を建てたが,平安末から石塔がこれに代わるようになる。多層塔,五輪塔,宝篋(ほうきよう)印塔,多宝石塔などの石塔が墓標として用いられ,塔の内部あるいは下層に蔵骨器を収納することが一般的となる。…

※「石塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

石塔の関連キーワード神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯埼玉県秩父郡長瀞町野上下郷群馬県安中市松井田町松井田滋賀県長浜市西浅井町黒山福島県伊達郡国見町石母田福島県石川郡玉川村南須釜熊本県球磨郡湯前町瀬戸口ウルンダヌブラタン寺院島根県邑智郡川本町川下滋賀県東近江市石塔町感恩寺址東西三層石塔扶余定林寺址五層石塔月精寺八角九層石塔宮崎県日南市吉野方開心寺址五層石塔愛媛県今治市延喜敬天寺址多層石塔華厳寺[朝鮮]アブサロムの塔夜久野[町]

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石塔の関連情報