コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文武王 ぶんぶおうMunmu-wang

2件 の用語解説(文武王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文武王
ぶんぶおう
Munmu-wang

[生]真平王48(626)
[没]神文王1(681)
朝鮮,新羅の第 30代の王 (在位 661~681) 。姓名は金法敏。父は太宗武烈王。母は金 庾信 (きんゆしん) の妹文明王后。唐の永徽1 (650) 年入唐して大府卿を授けられ,武烈王7 (660) 年の百済討滅戦では,新羅軍の最高司令官となり,翌年高句麗討伐中,父武烈王の死にあい,帰国して王位についた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんぶおう【文武王 Mun‐mu‐wang】

?‐681
朝鮮,新羅の王。在位661‐681年。姓は金,諱(いみな)は法敏。武烈王の太子として660年の百済討滅戦に金庾信(きんゆしん)らとともに参加,翌年王の病死により即位する。唐軍に連合して,百済復興軍を抑え,663年日本の水軍をも白村江(錦江下流)に破り,さらに668年弟の金仁問らをさしむけて高句麗を滅ぼした。この間,唐により鶏林州大都督に任命されて,新羅は唐の間接統治領である羈縻(きび)州となったが,高句麗復興軍を助けて唐と戦い,一時唐に新羅王の官爵を剝奪されながらも,唐の勢力を排除して671年百済旧領を,676年高句麗旧領の一部を領有し,半島部における三国統一を達成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の文武王の言及

【感恩寺址】より

…韓国,慶尚北道月城郡陽北面竜堂里にある統一新羅時代の寺院址。慶州市から山をへだてた東海岸の海中に文武王の陵と伝える大王岩があり,その西北山麓に文武王の冥福を祈る寺と伝える感恩寺があった。早くから3層の石塔の双塔があることが知られていたが,1959年の韓国国立博物館の発掘と西塔の修理によって,薬師寺式伽藍配置であることがわかり,西塔の第3層塔身軸部上面の長方形の舎利孔より統一新羅時代の舎利荘厳具が発見された。…

※「文武王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

文武王の関連キーワード李世民太宗(唐)成王雅楽グアテマラ内戦若手研究者育成事業プラサヴェルデウズベキスタン蘇我馬子プランク定数

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文武王の関連情報