コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伽藍 がらん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伽藍
がらん

僧伽藍 saṃghārāmaを略したもので,もとは仏道修行者が集って修行する清浄,閑静な場所の意であったが,のちに寺院建築物を意味する言葉となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がらん【×伽藍】

《〈梵〉saṃghārāmaの音写「僧伽藍摩」の略。僧園・衆園と訳す》
僧が集まり住んで、仏道を修行する、清浄閑静な場所。
大きな寺・寺院の建物。「七堂伽藍

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がらん【伽藍】

samghārāma(僧伽藍摩)の略。僧園・衆園・精舎しようじやと訳す〕
寺の建物。特に、大きな寺院。僧伽藍。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伽藍
がらん

普通は僧侶(そうりょ)の住む寺院などの建築物をいう。サンスクリット語のサンガーラーマsaghrmaの音写語「僧伽藍摩(そうぎゃらんま/そうがらんま)」の略で、衆園(しゅうおん)、僧園(そうおん)、僧院などと漢訳される。修行僧が集まって仏道を修する閑寂な場所をいったが、のちには転じて寺院の建造物を意味する語となった。
 寺院の主要な七つの建物を具備しているのを「七堂伽藍」という。その内容や名称は宗派などによって異なるが、禅宗では、仏殿、法堂(はっとう)、三門、庫院(くいん)、僧堂、浴室、東司(とうす)(御手洗)をいう。なお、禅宗の僧侶が寺院に住職するときに、弟子と師匠の関係で相承(そうじょう)されるのを「人法(にんぽう)」というのに対し、伽藍のみの関係は「伽藍法(がらんぽう)」といわれる。[阿部慈園]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の伽藍の言及

【寺院】より

…仏教の宗教活動の中心となる建物およびその所在する領域(境内)。精舎(しようじや),僧伽藍(そうぎやらん)(伽藍(がらん)),仏刹(ぶつさつ),寺(てら)などとも呼ばれ,仏舎利をまつる塔,仏像や諸尊像をまつり仏事供養を行う諸堂,僧侶の修行のための諸施設,布教のための諸施設などを含む。
[インド]
 仏教寺院は,釈迦が比丘(びく)たちの修行のため,雨季に一定の土地を画して(結界)止住させた(安居(あんご))ことに始まる。…

【寺院建築】より

…仏陀をまつるところを指す浮屠祠(ふとし)の名は後漢代から,学舎の意の精舎も魏・晋代(3世紀)から用いられた。南北朝(5~6世紀)ころから浮屠は仏塔のみを指すようになり,寺院全体はsaṃghārāma,āraṇyaの音を移した僧伽藍(そうぎやらん)(僧伽藍摩ともいう),阿蘭若などとも呼ばれ,また伽藍,蘭若などと略称されることが多くなった。
[形態と機能の変化]
 インドは乾季と雨季が明確で,乾季には広場で儀式や集会が行われ,雨季には僧房で安居の行をし,また仏陀を礼拝するのが伽藍のおもな機能であったが,中国では雨雪や極寒期もあって,一山大衆を屋内に収容し儀式や教学の集会を行う必要が生じた。…

【ストゥーパ】より

…また野外の主ストゥーパの周囲に信者たちが小型のストゥーパ(奉献塔)を競って造立することもあった。元来ストゥーパ供養に冷淡であった比丘たちもこれを受容するようになり,僧院とストゥーパとによって伽藍が構成されるようになった。 当初のストゥーパは土製であり,アショーカ王のころには煉瓦,前2世紀末期には石材が用いられるようになった。…

※「伽藍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伽藍の関連キーワードエリック・レイモンド大阪府羽曳野市野々上飛鳥寺式伽藍配置カセドラルモデル大分県大分市永興清岩里廃寺址尼寺廃寺跡四天王寺式斎尾廃寺址夏書き納め若草伽藍跡松岡洋介四天王寺七堂伽藍堂塔伽藍塚原温泉三国無双毒湛匝三間中定泉竹林精舎

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伽藍の関連情報