コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸け硯/掛け硯 カケスズリ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐すずり【懸け×硯/掛け×硯】

掛け子のある硯箱。掛け子には硯・墨・水入れなどを入れ、その下の引き出しには小物などを入れる。かけすずりばこ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かけすずり【懸け硯】

書き付けや小物を入れる「掛け子」のある硯箱。
江戸時代、廻船の船頭などが重要書類や金銭を入れるために用いた硯箱兼用の手文庫。 → 船簞笥ふなだんす

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android