コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸け硯/掛け硯 カケスズリ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐すずり【懸け×硯/掛け×硯】

掛け子のある硯箱。掛け子には硯・墨・水入れなどを入れ、その下の引き出しには小物などを入れる。かけすずりばこ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かけすずり【懸け硯】

書き付けや小物を入れる「掛け子」のある硯箱。
江戸時代、廻船の船頭などが重要書類や金銭を入れるために用いた硯箱兼用の手文庫。 → 船簞笥ふなだんす

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android