コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硯箱/硯筥 スズリバコ

5件 の用語解説(硯箱/硯筥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すずり‐ばこ【×硯箱/××筥】

硯や筆・墨などを入れておく箱。あたりばこ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

硯箱【すずりばこ】

硯,墨,筆,水滴(水を入れる容器),刀子(とうす),錐(きり)などを納める箱。中国や朝鮮では硯を箱に納めた例は少なく,硯箱の形式は日本で発達したと思われる。平安時代には,上下2段に分かれた筆架式と左右に懸子(かけご)を付ける懸子式があり,この2形式は後世まで引き継がれるが,室町時代以降2形式の折衷式や種々の形式が生まれ,携帯用の掛硯も出現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すずりばこ【硯箱】

硯を納める箱。一般に漆器で被せ蓋あるいは印籠蓋造にしつらえられ,硯ばかりでなく,筆,墨,水滴,刀子(とうす)(小刀),錐(きり)などの文具を納める。中国では筆墨硯紙など個々の文具を珍重し,硯に脚を付けたり,硯台と称する置き用具や硯の形にしつらえた蓋を伴うのが伝統であった。日本で奈良時代から平安時代にかけて用いられた硯も同様で,平城宮跡から出土している台脚付円硯や大阪府道明寺天満宮の伝菅原道真遺品〈白磁円面硯〉にみるように,中国以来の形を踏襲している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すずりばこ【硯箱】

硯や墨・筆などを入れておく箱。あたりばこ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硯箱
すずりばこ

硯を中心に水滴、筆、墨、小刀、錐(きり)など筆記に必要な道具類を収めた箱。普通は木製漆(うるし)塗だが、木地のまま仕立てたものもある。古くから貴族、武家など上層階級の調度として発達し、文台や料紙箱とそろいの意匠で豪華に飾られた作品も多い。
 わが国で筆墨による書写が盛行するようになるのは奈良時代以降のことだが、当時の硯や筆などの整理、収納のようすについての詳細は不明。今日知られている限りでは、硯箱の文献上の初見は、10世紀初頭成立の『延喜式(えんぎしき)』で、その太政官(だいじょうかん)式に「丹硯箱」がみえる。おそらく朱か弁柄(べんがら)で塗って装飾したものであろう。
 その後、硯箱が調度のなかで主要な位置を占めるとともに、その器物としての性格も趣味的、装飾的な色彩の濃いものになっていく。他の道具類とそろいの桐竹文蒔絵(きりたけもんまきえ)で飾られた硯箱(『長秋記』元永(げんえい)2年〈1119〉10月21日条)、藤原隆能(たかよし)の下絵になる海賦蓬莱(かいふほうらい)の文様が描かれた蒔絵硯箱(『台記別記』久安(きゅうあん)3年〈1147〉3月28日条)、そして雲鳥紋の蒔絵による重(かさね)硯箱(枕草子(まくらのそうし))など、いくつかの史料にみえる記載は、平安期硯箱の華麗な姿をしのばせるものである。また、硯箱の基本的な構造が定まったのも、この平安時代なかば以降のことと考えられる。『源氏物語絵巻』夕霧の一場面(国宝、五島美術館)には、身の内に細木を組んだ架台を設け、その上に硯や筆、小刀などを置いた大型の硯箱が描かれているが、これを『兵範記』久寿(きゅうじゅ)2年〈1155〉12月2日条の「硯筥一合 在瓦硯(がけん) 紫檀筆台……」という記載とあわせてみれば、筆架式ともいうべき初期の硯箱の形が浮かび上がってくる。またこのほかに、硯を中央に収め、その左右に懸子(かけご)を配する二枚懸子の形式も古くから用いられていたらしく、現存する硯箱のなかでもっとも製作年代のあがる波鵜螺鈿(なみにうらでん)硯箱(平安末期、重文)、籬菊(まがきにきく)蒔絵螺鈿硯箱(鎌倉初期、国宝、鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう))は、いずれもこの形をとっている。
 なお、以上の二形式に加えて、懸子を一枚だけ身の右方に収めるもの、硯と水滴がはまるだけの空間をあけた敷板(下水板)を身の内に落とし込んだもの、さらに光悦・光琳(こうりん)系の作品にみられるように、左方に硯と水滴を配し、右端に刀子(とうす)入れを刳(く)ったものなど、身の構造にもさまざまなバリエーションがあるが、これらはみな室町時代の末から近世にかけて登場した新しい形式である。[小松大秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の硯箱/硯筥の言及

【箱】より

…《類聚雑要抄》によると,手箱は内部に三つの懸子(かけご)を設け,数多くの小箱を納めた。〈眉造箱,歯黒箱,元結箱,鏡箱,釵子(さいし)箱,櫛掃(くしはらい)箱,櫛箱,白粉箱,爪切箱,熨斗(のし)箱,かもじ箱,硯箱,料紙箱を収め,万葉集抄,後選集抄,古今集とを収納する〉とある。なお,玉手箱は手箱の美称である。…

【文房具】より

…〈大宝律令〉には図書寮に造筆手や造墨手を置くことを定めているように,筆と墨が官庁寺社を中心に必需品として日本に定着した。さらに,日本独自の文具も生まれ,平安時代に始まる硯箱には工芸品として優れたものが多数残っている。文書を入れて運ぶための文箱(ふばこ)も日本で独自の発達をとげた()。…

※「硯箱/硯筥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

硯箱/硯筥の関連キーワード被せ蓋骨箱代納不納色代納め棺槨三衣匣色紙箱